HOME > 事務局からのお知らせ > イベント・セミナー

人材育成・教育研修部会「オブジェクト指向設計講座」活動報告

投稿日:2019年9月30日 月曜日

オブジェクト指向設計講座

  • 実施日時: 2019年8月22日~24日,9月26日~28日 各開催日 9:00~17:00
  • 実施場所: 静岡大学静岡キャンパス

「設計・プログラミングの実践的なスキルを身につける」ことを主眼に、静岡大学情報学部オリジナルカリキュラムによる講座が、今年も盆明けの猛暑から彼岸明けの初秋にかけて開催されましたが、全6回延べ40時間以上の講座に、SIIA会員企業の技術者13名の受講により開講されました。

この講座は、オブジェクト指向とデザインパターン、テスト駆動開発の設計開発手法を中心に、設計、プログラミング、テスト、レビューを実施し、実践的な設計スキル、プログラミング能力の習得を目指すもので、座学だけでなく、演習時間も多く取って、実践により理解を深めることができました。

受講後のアンケートからも、多くの受講者の皆さまから、実践的な内容、研究者目線で本質をとらえやすい内容など、全員から高い評価を頂きました。

次年度も同様の講座の開講を予定していますので、今回受講できなかった方も、次回開催にご期待ください。

enPiT-Pro-Emb
テスト駆動開発まとめ

人材開拓推進部会「インターシップ」事業報告

投稿日:2019年9月11日 水曜日

インターンシップの様子

「ITを知る」インターシップ/主催:人材開拓推進部会

  • 実施日時: 2019年9月2日~6日
  • 実施場所: 静岡市内 4社

今回は、静岡大学の学生にITへの興味を持ってもらう事を狙いとしたインターシップを計画し、静岡大学の学生クリエイター集団、「Nokin」(http://nokinhama.xsrv.jp/) にインターシップの企画を依頼し、趣旨に賛同した協会の企業と合同で行いました。

今回のインターシップの特徴

①IT企画を体験するコーデイング不要のインターシップ
②文系でも参加でき、専門知識が不要のインターシップ

開催概要

9/2(月)東京コンピュータサービス株式会社/ITってどこから始まるの?
9/3(火)株式会社エルティエス/お客さんとどうやりとりするの?
9/4(水)株式会社ユニテック/システム開発の上流って何?①
9/5(木)株式会社静鉄情報センター/システム開発の上流って何?②
9/6(金)東京コンピュータサービス株式会社/最終プレゼンテーション、模擬面接体験

参加学生

9名

学生のプレゼンテーション

学生からの感想

・5日間を通して、刺激の連続
・ITについて何も知らなかったけどだんだんと気づかされた。
・参加してモチベーションが上がった
・就職活動をするうえで、分からなったこと、不安に思っていた事が改善できた
・確実に成長できた
・成長を感じました
・自分を磨くいい機会になった
・貴重な機会で参加して良かった
・自身のエンジニアとしての知見が広がった

8/22~24、9/26~28「オブジェクト指向設計講座」2019

投稿日:2019年7月01日 月曜日

静岡情報産業協会は昨年に続き、静岡大学情報学部との協同により、来る8月22日〜8月24日、9月26日〜28日計6日間のコースで下記の研修会を開催いたします。

本コースは、静岡大学情報学部によるオリジナルカリキュラムであり、オブジェクト指向とデザインパターン、テスト駆動開発の設計開発手法を中心に、設計、プログラミング、スト、レビューを実施し、実践的な設計スキル,プログラミング能力の習得を目指します。座学だけではなく、演習中心の実施により理解を深ます。

◆◆静岡大学情報学部オリジナルカリキュラム◆◆
「オブジェクト指向設計講座」
〜設計・プログラミングの実践的なスキルを身につける〜

開催概要
  • 主催: NPO法人静岡情報産業協会
  • 協賛: 静岡大学情報学部
  • 日程: 令和元年8月22日(木)、23日(金)、24日(土)
        令和元年9月26日(木)、27日(金)、28日(土)
        計6日間
        各開催日とも午前9時開始、午後5時終了
  • 費用: ICT員: 30,000円(6日間の全カリキュラム受講に関わる1名分の料金です。)
        一般会員: 60,000円(同)
        非協会員: 120,000円(同)

(※本研修は、日程を設定するうえで幾つかの配慮をしております。現業に従事する若手技術者の業務都合に合わせやすいよう、(木)(金)(土)の3日間コースを月をまたいで8月と9月に分けた日程に設定しております。このような日程は、研修に参加させる人選をする上司の方々から判断がし易いというご好評を頂いております。 また、開催場所までの交通手段にクルマを使われても、大学構内の駐車場をご利用いただけます。 是非本研修を、若手技術者の技術力向上に生かして頂きますようご推奨いたします。)

  • 講師: 静岡大学情報学部 塩見彰睦教授、野口靖浩講師 を中心とする大学スタッフ
  • 会場: 静岡大学静岡キャンパス(静岡市駿河区大谷836)
        (共通教育A棟202教室) ≫静岡大学構内案内図
  • 対象: Java言語あるいは、他の言語でプログラミング経験のあるエントリレベルの技術者(Java言語による演習が含まれます)
  • 募集人員: 20名(最少催行人数:10名、最大受講者数30名)。応募先着順。       ※申込締切は8/9(金)です。催行の判断は8/15(木)にいたします。
  • 申込:
    パンフレット(PDF:167KB) を印刷して申込書欄に必要事項ご記入の上、
    FAX(054-207-8812)で送信して下さい。
講座概要

(1)オブジェクト指向とデザインパターン入門

  • オブジェクト指向とは
  • UMLの表記法
  • デザインパターンとは
  • 代表的なデザインパターン
  • 使用言語:Java、開発環境:eclipse

(2)テスト設計とテスト駆動開発入門

  • 開発手法(V&V、単体テスト、テスト戦略)
  • テスト自動化
  • テスト駆動開発のサイクル
  • テスト駆動開発の効果
  • 使用言語:Java、開発環境:eclipse

パンフレットにて6日間の各目標と学習項目を分かりやすく記載してありますので、ご確認ください。

必要機材
  • 筆記用具

コース中はWindows上の統合開発環境を使って演習を実施致しますが、必要となる機材は1人1台のPCをはじめ全てこちらで準備いたしますので、受講者がご用意頂く必要はございません。
ただし、ご自分の開発環境を利用したいという場合に開発環境をお持ち頂くことは可能ですので、事前にご相談ください。


〒421-1215 静岡市葵区羽鳥7丁目6番37号
NPO法人 静岡情報産業協会

7/5 会員ニーズ対応セミナー「テレワーク導入の現状と課題」受講者募集のご案内

投稿日:2019年6月05日 水曜日

首都圏を中心に、さまざまな企業で「働き方改革」が実践段階になっています。
その切り札となるのがテレワーク。本公演ではテレワーク導入の現状と課題や政策・企業動向、さらに2020年オリンピック・パラリンピック開催時の国民運動として取り組む「テレワークディズ2019」、自治体の取り組みとして最近注目される静岡市の取り組みについて、ご紹介いたします。
また、会員交流会はICT会員:1社2名無料、一般会員:1社1名無料でご参加いただけますので、併せてご参加ください。

静岡情報産業協会 会員ニーズ対応セミナー
「テレワーク導入の現状と課題」のご案内

開催日:
2019年7月5日(金)
【講演】15時~17時 【意見交換会】17時~17時30分 【交流会】18時~
受講料:
【講演受講料】無料
【交流会参加費】ICT会員:1社2名無料、一般会員:1社1名無料
※上記を超える人数、および非会員は1名2,000円
会 場:
セミナー: 静岡市産学交流センター(B-nest)大会議室
      静岡市葵区御幸町3-21 ペガサート7階
      https://www.b-nest.jp/map.html
交 流 会 : ホテルシティオ2階 ザ・ガーデンシティオ「駿」
募集人数:
50名(先着順)
主 催:
NPO法人静岡情報産業協会

講師:小豆川 裕子 氏

常葉大学経営学部准教授
ニッセイ基礎研究所、NTTデータ、NTTデータ経営研究所等を経て現職。
1990年代後半よりICTの普及と個人・組織・社会の相関、ワークスタイル&ワークプレイス分野の実証および政策研究等に従事。
博士(学術、東京大学)。修士(経営学、筑波大学)。日本テレワーク学会副会長。
総務省、国土交通省、厚生労働省等委員、一社)日本テレワーク学会アドバイザー
テレワーク月間実行委員会副委員長を兼務。
テレワークエキスパート講習会講師(2015~2018)。
富士市中小企業等振興会議会長。

お申込み方法

チラシ(PDF:171KB)の申込書欄に記入の上、FAX(054-207-8812)でお送りください。

「中国のシリコンバレー“深セン”視察4日間」募集

投稿日:2019年3月07日 木曜日

巨大な労働人口を抱えて世界のローコスト工場として急発展してきた中国が、またたく間に名目GDPで日本を追い越したのは2010年。そして今や中国は米国と並ぶ先進テクノロジー国家として世界をリードする立場になっています。

その中国にあって代表的な都市といえば、昔から北京市・上海市・広州市と取り上げられますが、近年は広州市と同じ広東省に位置する“深セン市”も加えられ、「中国四大都市」と称されます。

「人類史上最速で成長する都市」とも云われる深セン市はわずか30年ほどで人口1400万人を超え、今や市の中心部は、かつての工場の街から金融とイノベーションの街に変化を遂げています。

静岡情報産業協会は、深セン市駐日経済貿易代表事務所の協力を得て、その深セン市の視察を企画いたしましたので、この機会に是非多数のご参加を頂きますようご案内申し上げます。

視察予定先には下記の企業・施設を手配しておりますので、ご期待頂けると存じます。また、視察時の通訳も手配しておりますのでご安心です。

深セン市内視察予定

DJI社(商用ドローン業界の最大手)旗艦店舗での空撮体験
華強北(ファーチャンベイ:中国最大の電子街)の視察
小米科技(Xiaomiシャオミ中国のApple)旗艦店舗の視察
南山ソフトウェアパークの視察
無人コンビニの体験

募集要項

旅行期間:
2019年6月27日(木)~30日(日) 3泊4日
詳細行程は添付の募集要項でご確認ください。
旅行代金:
@158,000円<関西空港発着・2人部屋利用>
*1人部屋希望の場合@183,000円
募集定員:
25名(最少催行人員は15名)
添乗員:
出発空港から1名同行

申込方法

添付の参加申込書にご記入の上、054-388-9288まで
FAXにてパスポートのコピーを添えてお申し込みください。
2019年12月27日以降まで有効なパスポートが必要になります。

募集締切

2019年3月29日(金)
(ただし、定員になり次第、募集を締め切らせていただきます)

お申込先

静岡市清水区相生町6-17
NPO法人静岡情報産業協会
Tel&Fax:054-388-9288

募集要項・参加申込書 ダウンロード

※「深セン」の「セン」は土篇に川(圳)です。

「経済学とゲーム理論で読み解く、働き方・イノベーション・デジタル経済」2月4日実施!!

投稿日:2019年2月05日 火曜日

大阪大学大学院経済学研究科の安田洋祐准教授を招いて、静岡市産学交流センター大会議室においてセミナーを実施しました。

講演「経済学とゲーム理論で読み解く、働き方・イノベーション・デジタル経済」は
1.日本経済が陥った罠
2.「働き方改革」はなぜ難しいのか?
3.AIは「神の一手」に辿りつくか?
4.4つのグラフから考える資本主義の行方

という流れの豊富な資料を駆使して行われました。
TV番組のコメンテーターとしても活躍されている安田先生の講演は分かりやすく、興味深いもので、参加者の好評をいただきました。
また、セミナー後の会員交流会でも安田先生を囲む輪を中心に大いに盛り上がって、和やかなひと時と交流がはかられました。

「経済学とゲーム理論で読み解く、働き方・イノベーション・デジタル経済」セミナー 及び「会員交流会」を開催します!!2019年2月4日(月)

投稿日:2018年12月21日 金曜日

「働き方改革」「イノベーションの創出」「デジタル経済への適応」は、日本経済が直面する大きな課題です。
本講演では、課題解決を妨げている要因を経済学やゲーム理論の視点から分析し、その解決策を探ります。
マクロ的な分析だけでなく、なぜ個々の従業員が優れていても組織全体として生産性の低い「ブラック均衡」に陥ってしまうのか、そこから抜け出すために組織はどうすれば良いか、といったミクロの問題についても検討します。
会員交流会はICT会員:1社2名無料、一般会員:1社1名無料でご参加いただけますので、併せてご参加ください。

静岡情報産業協会 会員ニーズ対応セミナー
「経済学とゲーム理論で読み解く、働き方・イノベーション・デジタル経済」のご案内

開催日:
2019年2月4日(月)
【講演】15時~17時 【交流会】17時30分~
受講料:
【講演受講料無料】
【交流会参加費】ICT会員:1社2名無料、一般会員:1社1名無料
※上記を超える人数、および非会員は1名2,000円
会 場:
セミナー: 静岡市産学交流センター(B-nest)大会議室
      静岡市葵区御幸町3-21 ペガサート7階
      https://www.b-nest.jp/map.html
交 流 会 : ホテルシティオ2階 ザ・ガーデンシティオ「駿」
募集人数:
50名(先着順)
主 催:
NPO法人静岡情報産業協会
共 催:
静岡商工会議所

講師:安田洋祐氏

大阪大学大学院経済学研究科准教授
経済学者。1980年東京生まれ。東京大学経済学部卒業後、米国プリンストン大学へ留学しPh.D.を取得。
政策研究大学院大学助教授を経て、2014年4月から現職。
専門は戦略的な状況を分析するゲーム理論で、主な研究テーマは現実の市場や制度を設計するマーケットデザイン。
学術研究の傍らマスメディアを通した情報発信や、政府での委員活動に取り組んでいる。
関西テレビ「報道ランナー」、テレビ東京「ワールドビジネスサテライトなどにコメンテーターとして出演中。
財務省「理論研修」講師、金融庁「金融審議会」専門委員などを務めた。

お申込み方法

チラシ(PDF:177KB)の申込書欄に記入の上、FAX(054-388-9288)でお送りください。

会員交流会、盛大に実施!!!

投稿日:2018年12月12日 水曜日

12月7日、「Deep Learning 入門」を受講していただいた方を中心に会員交流を実施いたしました。
セミナー講師を務めていただいたソニーの小林由幸氏にもご参加いただき、講義の中の疑問点を確認することができたり、他社会員の方々と親しく交わることで大変好評をいただきました。

会員交流会、盛大に実施!

会員ニーズ対応セミナー~「Deep Learning 入門」12月7日実施!!!

投稿日:2018年12月12日 水曜日

ソニー株式会社のシニア マシンラーニング リサーチャー 小林由幸氏を招いて、初めて Deep Learning や機械学習に触れる方、ソニーの Deep Learning への取り組みに興味があるという方を対象にした講座を実施いたしました。

Deep Learning 概要として、Deep Learning の基礎、Deep Learning のもたらすインパクト、活用シーンを分かりやすく解説していただき、ソニーの Deep Learningソフトウェア Neural Network Console について、ソニーの取り組み事例と共にご紹介いただきました。

「プロジェクトマネージャー育成研修」第2日:11月23日(金)実施

投稿日:2018年12月07日 金曜日

11月23日(金)に「プロジェクトマネージャー育成研修」を第2日を実施しました。

プロジェクトマネージャー育成研修

演習(1)~プロジェクトの全体像を理解する~及び、演習(2)~プロジェクトの問題を解決する~のそれぞれを、佐藤知一工学博士と串田悠彰工学博士のお二人により講義していただきました。

プロジェクトマネージャー育成研修