HOME > 部会報告

令和元年度 視察ツアー報告書

投稿日:2019年7月19日 金曜日

「中国のシリコンバレー」深圳視察

視察期間:令和元年6月27日(木)~30日(日)

前回まで数次続いた“COMPUTEX TAIPEI”の視察団派遣から、本年度は「中国のシリコンバレー」とも評される広東省の深圳市に視察先を変更しました。
残念ながら、参加者数は少なかったものの、結果として予想を上回る成果を得ることができ、実り多い視察ツアーとなりました。
詳細は、参加者のレポートをお読みください。

<活動報告> セミナー「テレワーク導入の現状と課題」7月5日

投稿日:2019年7月06日 土曜日

 7月5日(金)15:00より、静岡市葵区御幸町の「静岡市産学交流センター」で、常葉大学経営学部准教授 小豆川裕子講師により、「テレワーク導入の現状と課題」のテーマで講演をいただきました。
 1時間30分ほどの講演の後、受講者30名ほどが5グループに分かれ、講演の内容をさらに深めるためグループ討論を行い、その後各グループリーダーから、グループ内の意見や質問事項を発表のあと小豆川講師から質問への回答と総評をいただき、17:30に終了しました。
 参加者全員がグループ討論に熱心に加わる姿に、小豆川講師からもその熱意に対し評価をいただきました。

 セミナー終了後は、ホテルシティオ2階の「駿」に移動して、ビジネスマッチング部会の企画・運営により会員交流会が催され、セミナー講師の小豆川先生にもご参加いただき、セミナーの余韻を味わいながら有意義な時間を過ごしました。

セミナー資料

講師の小豆川先生からご提供いただいた資料を掲載しました。 現在のテレワークの導入状況と課題がわかりやすくまとまっていて、テレワーク導入の参考にしていただける内容です。ぜひご一読ください。

ICTトレンドセミナー in 静岡2016 のご報告(10/18)

投稿日:2016年10月25日 火曜日

グランシップ

新たなICTで静岡を盛り上げるために

今年も2016年10月18日(火)NTT西日本(静岡支店)との共催で、グランシップにて『ICTトレンドセミナー in 静岡 2016』を開催しました。

企業展示ブースの様子

会員企業から9社+1グループのブース出展を行いました。

企業展示ブース

株式会社ユニテック、株式会社オービックビジネスコンサルタント

株式会社ユニテック・・・ワンランク上の情報セキュリティ対策
株式会社オービックビジネスコンサルタント・・・企業業務全体の生産性をあげる会計システム「奉行10」

リードシステム株式会社、株式会社共立アイコム

リードシステム株式会社・・・設備投資不要、クラウドを利用した受講管理システム
株式会社共立アイコム・・・ICTとコスプレのコラボレーション、イベント提案

株式会社アドテクニカ、株式会社静鉄情報センター

株式会社アドテクニカ・・・直観的な操作性「安否コール」「フリーコード」「eMAPロケーション」
株式会社静鉄情報センター・・・富士通手のひら静脈認証技術(生体認証)を採用した出退勤システム

静岡情報産業協会自主勉強会グループ、NTT西日本 株式会社R&Dソフトウェア

静岡情報産業協会自主勉強会グループ・・・スマートウォッチアプリの開発
NTT西日本/株式会社R&Dソフトウェア・・・光BOX+を使用した安価で操作性も高いデジタルサイネージ

株式会社SBS情報システム、日興通信株式会社

株式会社SBS情報システム・・・インターネットと携帯電話を利用した安否情報確認システム
日興通信株式会社・・・「NIKKOクラウドサービス」「PROJECTION CANVAS」「NIXUS Vision」


講演の様子

講演会では注目の講師をお招きし、多数のご来場を頂きました。

講演

第1部:「オープンデータ推進による地方創生 ~地方都市の取り組み事例から~」

講師/国立大学法人 名古屋大学大学院 准教授 遠藤 守 様

オープンデータの基礎的なお話から、それを使ってどのような可能性があるか、また、利用にあたってのルールや法的な注意点、事例など、展開も面白くとても充実した内容でした。

第2部:「静岡県の経済情勢と今後の展望」

講師/日本銀行 静岡支店 次長 久芳 真一郎 様

グラフ・数字を中心とした日本経済・県内経済の足取り、気になる隣国の情勢や、少子高齢化と今後の労働需要など、大変分かりやすかったです。


ご来場の皆さま、ご参加いただきました企業・会員の皆さま、誠にありがとうございました。

ICTトレンドセミナー

28年度視察ツアー報告書

投稿日:2016年7月04日 月曜日

COMPUTEX Taipei 2016

視察期間:平成28年6月2日(木)~5日(日)

アジア最大のIT専門見本市、台北国際コンピュータ見本市「COMPUTEX TAIPEI」、
今回の視察においては、IOT、ウェアラブル、3Dプリンターなどの最新動向把握を意識しながら視察を実施しました。

総勢15名、4日間の視察の報告です。

静岡情報産業協会 平成28年度通常総会のご報告

投稿日:2016年6月02日 木曜日

5月31日(火)15時より、静岡商工会議所会館5階ホールにて、平成28年度通常総会を開催いたしました。
ご出席いただきました皆様には大変ご多用の中、ありがとうございました。

第一部通常総会

平成28年度SIIAの新たな取り組み

我が国経済の回復軌道も不確かな情勢の中で、経営の効率化・第4次産業革命といわれる生産現場の改革等に対する需要はさらに増し、ICT技術を担う情報サービス産業はかつてない大きな役割を求められています。

静岡情報産業協会では、昨年度の活動で『組織活性化委員会』を中心に事業のあり方を検討し、協会員の期待に応えるための活動形態を「人材育成・教育研修部会」、「ビジネスマッチング部会」、「人材開拓推進部会」の主たる3事業の展開を担う部会として組織し、今年度以降の諸施策に反映させていく事としました。

第一部:通常総会

鈴木理事長が議長に選出され、平成27年度事業報告及び収支決算報告、平成28年度事業計画案及び収支予算書案、理事選任について、会員の皆様より承認を頂きました。
本年度の役員はこちら https://www.siia.or.jp/sosiki

開催概要
  • 日 時
    2016年5月31日(火)15:00~19:10
  • 会 場
    静岡商工会議所会館 5階ホール
  • 内 容
    • 第一部(1) 平成28年度通常総会 [15:00~15:40]
    • 第一部(2) 組織活性化委員会活動報告 [15:40~16:00]
      組織活性化委員会活動報告

      ・今後の運営、会費、理事と運営委員
      ・会員アンケート、全国の同業者協会の現地調査報告
      ・部会の事業内容案内
       (1)人材育成・教育研修部会の事業
       (2)ビジネスマッチング部会の事業
       (3)人材開拓推進部会の事業
      ・委員4名からの挨拶

    • 第二部 記念講演-1 [16:10~16:50]
      ・ 講師 : 長島 治雄 氏 (静岡市役所ICT推進課)
      ・ 演題 : 「オープンデータの推進について」
    • 第二部 記念講演-2 [17:00~18:00]
      ・ 講師 : 鈴木 春洋 氏 (独立行政法人情報処理推進機構)
      ・ 演題 : 「情報セキュリティ10大脅威 2016 ~組織編~」
    • 第三部 会員交流懇親会 [18:10~19:10]

基調講演「オープンデータの推進について」

第二部 記念講演

オープンデータの概要や、政府の取り組み、経済効果についてを導入とし、オープンデータ活用ビジネス事例や、平成27年10月に行った「シズオカアプリコンテンスト」、しずおかオープンデータ推進協議会についての活動についてお話頂きました。

静岡市の取り組みの紹介としては、

(1)オープンデータポータルサイト
食品衛生関係営業許可台帳、休日当番医、中央卸売市場統計データ、価格調査結果、ヒヤリ・ハットマップ(事故の発生しそうな場所)の利用が多い。

(2)「シズオカアプリコンテンスト」
116作品の応募が全国からあり、最優秀賞に輝いた「しずいくまっぷ」(静岡の子育て施設)をはじめアイディアあふれる作品・完成度の高い作品が集まった。

そのほか、しずおかオープンデータ推進協議会についてや、APIを利用しリアルタイムで道路情報が得られる「しずみちinfo」なども、今後のサービス展開の点でも注目の取り組みです。

今後もSIIA会員からも、静岡市に「こんなデータが欲しい」という要望があれば、積極的に対応していただけるということです。

※事例や、コンテスト作品紹介、協議会紹介、しずみちinfo概要等の詳細は、後日資料を本ページに公開いたします。

基調講演「情報セキュリティ10大脅威 2016 ~組織編~」

第二部 記念講演

昨年も好評だった情報セキュリティセミナー。今回のテーマは、情報セキュリティ10大脅威として、
・10大脅威の10年史
・情報セキュリティ10大脅威2016
・注目すべき脅威や懸念

の講演をいただきました。

情報セキュリティの基本をふりかえり、最近の手口や事例について、マイナンバーの管理・運用の重要性など紹介をいただき、大変勉強になる講演でした。
会員自社のセキュリティ対策や、ユーザー様へのサービス提供に役立てるため、会員皆熱心に聴講しました。
鈴木様には貴重なご講演を頂き、誠にありがとうございました。

第三部:会員懇親交流会

6月より新規事業4部会の募集が始まりました。会員の皆さま、是非新規部会にご応募いただき、さまざまな問題解決、人材育成、ビジネスの活性化、交流事業を共に進めていきましょう!

静岡県立大学情報システム見学のご報告(2/17)

投稿日:2016年2月29日 月曜日

静岡県立大学
静岡情報産業協会の地域連携・交流促進事業の1つとして、静岡県立大学情報センターの湯瀬先生にご案内頂き、センターで運用管理されている大学内のシステムを見学をさせて頂きました。

実施場所・日時

2016年2月17日(水)14時~15時半。
当協会会員・事務局から10名が参加し、静岡県立大学 谷田キャンパスにて、システムや設備の概要のレクチャーの後、大学内を歩き見学しました。

県大学内システム見学1

情報センターが運用管理する学内システム

まずは「はばたき棟」に集合し、移動しながら校舎の外観を見学し、座学でシステムの概要の紹介をして頂きました。

情報センターで管理するシステムの中で、ご紹介いただいたものは、

  • 1.防災用デジタルサイネージ
  • 2.情報センター
  • 3.出席確認システム
  • 4.学内無線LAN
  • 5.SALL(Self-Acces Language Learning Center)
  • 6.全学コンピュータ実習室
  • 7.防災通信ステーション
  • 8.図書館のラーニングコモンズ
  • 9.学務情報システム
  • 10.安否情報システム
  • 11.静岡県立大学テレビ

上記の11のシステムです。
その後、実際の現場を見学するため出発。

県大学内システム見学2

左の写真は、教室の入口に設置されている出欠確認システム。学生証をかざすだけで出席がとれます!
右は、静岡県立大学テレビ。

県大学内システム見学3

左は、防災通信ステーション。右は図書館のラーニングコモンズ外観(図書館内は撮影禁止)。

コンピューター実習室やサーバールーム等、重要なシステムや設備の場所も見せて頂き撮影するのは控えさせて頂きましたが、学生が快適に学習・生活ができるよう、情報センターがしっかりと運用・管理されている様子が分かりました。また、学内の中や裏、各所をオリエンツーリングのように巡って、たくさんのシステムのご紹介を頂き楽しむこともできました。

今後の、協会と大学の協働の発展につながることを期待しています。
ご案内頂いた湯瀬先生、大学関係者の皆さま、誠にありがとうございました。

第6期「CIO育成夜間カレッジ」を開講しました(10/14)

投稿日:2014年10月14日 火曜日

第6期CIO育成夜間カレッジ

第6期CIO育成夜間カレッジが10月14日開講し、12月9日まで5回にわたる講座がスタートしました。

Apple社など革新的企業の手法を整理した『デザイン思考』は、人間中心のイノベーション手法として注目を浴びています。

本講座では、お客様を洞察し、お客様も気づいていない深いニーズに気づき、お客様との深い関係づくり、新商品・サービスの開発に有効なスキルを身につけます。

第一日目の今回は、オリエンテーション、チームビルディング、デザイン思考基本を学びました。

オープンデータアンケートご協力のお願い

投稿日:2014年6月24日 火曜日

オープンデータ活用イメージ政府、自治体や公共機関が保有するデータを積極的に民間開放すること(※オープンデータ)により、行政の透明性・信頼性の向上、官民協働による公共サービスの実現、また、様々な主体がビジネス活用することにより、新事業・新サービスが創出されることが期待されています。

このたび、静岡市役所及びNPO法人静岡情報産業協会では、静岡市におけるオープンデータの推進のため、オープンデータに関するアンケートを実施します。
ご回答いただいた内容は、静岡市における今後のオープンデータ推進の参考とさせていただきます。

※オープンデータとは、「機械判読に適したデータ形式で、二次利用が可能な利用ルールで公開されたデータ」であり、「人手を多くかけずにデータの二次利用を可能とするもの」のことを言います。

ご記入にあたって

  • 質問5の「どのような公共データをオープンにして欲しいと思いますか?」については、下記の例を参考にしてください。

    <オープンデータ化するとよい公共データの例>

    【地図・土地・地下】 :地質調査データ、道路幅員、衛星画像データ など
    【交通】             :交通量、駐車場満空、交通事故情報、通行規制、道路台帳 など
    【個人・住民情報】  :固定資産課税台帳、戸籍情報、所得情報 など
    【都市計画・建築】  :住宅開発予定、都市計画基礎調査、都市計画道路計画線 など
    【防災・保安・安全】 :森林情報地図、避難所、雨量、水位、ハザードマップ など
    【統計・調査】       :国勢調査、課税対象所得額 など
    【許認可】           :事業資格者、行政処分を受けた事業者、屋外施設使用許可、開廃届 など

  • 送信時、確認画面は出ませんが、送信直後であれば「回答の編集」ができます。

それでは、アンケートにお進みください(別ウィンドウで表示されます)。

アンケートに進む

 


CIO育成夜間カレッジ第5期開講(9/24より)

投稿日:2013年8月01日 木曜日

しずおかイノベーション経営カレッジ開講5周年 CIO育成夜間カレッジ第5期開講
~バランススコアカード&ファシリテーションスキルでCIO力向上~

しずおかイノベーション経営カレッジは、静岡地域の中小企業におけるイノベーション人材の育成、中小企業経営者・CIOとITベンダーとのパートナーシップ醸成のため、当協会が2009年度からCIO育成夜間カレッジを核に開催しています。

過去4期のCIO育成夜間カレッジのテーマは

  • 第1期:イノベーション経営時代のビジネスモデル
  • 第2期:クラウド活用を視野に入れたIT活用戦略
  • 第3期:ユーザー企業のICT-BCPを策定する
  • 第4期:ソーシャルメディア活用を視野に入れたビジネスモデル及びIT活用戦略

というものでした。

そして今年度のテーマは次の2つです。

  • 1.バランススコアカードによる可視化
  • 2.ファシリテーション

詳しくは添付のパンフレット(PDF:2.21MB)でご確認下さい。

以上に基づき「第5期CIO育成夜間カレッジ」を開催致しますので、多数の方々がご参加くださいますよう下記のとおりご案内申し上げます。

開催概要
  • 日  時:平成25年9月24日(火)、10月8日(火)、10月22日(火)、11月12日(火)、12月3日(火)
          時間はいずれも18:30~21:30
  • コーディネータ:木村玲美 氏(浜松総務部有限会社 代表取締役)
             経歴等はパンフレットでご確認下さい。
  • テーマ:バランススコアカード&ファシリテーションスキルでCIO力向上
  • 会  場:B-nest静岡市産学交流センター 演習室1
          静岡市葵区御幸町3-21 ペガサート7階
  • 参加費:協会会員10,000円/名(軽食代込み) 非会員30,000円/名(軽食代込み)
         *1社から複数名参加の場合は、2人目以降20%割引
  • 対  象:中小ITユーザー経営者・CIO/ITベンダー経営者・営業職
  • 定  員:15名(先着順)
  • 申込方法:お申し込みはこちら(PDF:2.21MB)
          上記のパンフレットを印刷して、申込書フォームにご記入のうえ、下記FAX番号にご送信下さい。
  • FAX:054-255-1621
  • なお、実施準備の都合がありますので、8月20日(火)までにお申し込み下さるようお願い申し上げます。

    〒420-0853 静岡市葵区追手町1-13 アゴラ静岡5階
    NPO法人 静岡情報産業協会
    理事長 鈴木 佐太郎

1/15・静岡情報産業協会の事業企画委員会を開催しました

投稿日:2013年1月15日 火曜日

20130115-181757.jpg

1/15・静岡情報産業協会の事業企画委員会を開催しました

静岡商工会議所403会議室にて、事業企画委員会を開催しました。

数年計画の事業と新たに始まった事業の進捗状況の確認と今後の改善策を検討しました。

  • オープンソースムーブメントが新たに創り出すビジネスモデル(10/15実施済)の報告
  • 自主勉強会「スマートデバイスのアプリケーション開発」の実施報告と今後の流れの発表
  • 自主勉強会「企業の採用活動と人材育成」の実施報告
  • CIO育成夜間カレッジの実施報告と今後の活動予定発表
  • BCP関連セミナーの計画の発表

各ワーキンググループにて、今後開催される活動については、細かく課題について検討をしております。

また実施計画については、適正なタイミングでの告知に努めるよう事務局と共に努力していきますので、当協会HPにて情報提供される内容をご確認いただきますよう、よろしくお願いいたします。

20130115-182041.jpg

事業企画委員会後の懇親会

各ワーキンググループのメンバーは基本的にボランティアにて活動をしております。その為、モチベーションが保てるように今回の会議後、懇親会を開催いたしました。

事業企画委員会・事務局